蒼龍舎コーポレートサイト

メニュー

龍平カンパニー
RYUHEI COMPANY

 

unknown

画像をクリックして下さい!詳細にゆきます。

 

龍平カンパニーは、株式会社蒼龍舎のメイン事業である、演劇制作・公演事業を展開する劇団である。
劇団四季の「CATS」(ミストフェリーズ役)、「ユタと不思議な仲間たち」(ユタ役)、「エクウス」(アラン役)など、数多くの作品でメインキャストとして活躍してきた望月龍平が、演出家として演劇界に新たな潮流を巻き起こすべく旗揚げしたカンパニー。
日本の演劇界を牽引する俳優・スタッフを起用し、これまでにない演劇スタイルを広げている。次々と産み出される作品は多大な評価を得ており、再演ごとにリピーター率を増やし笑って泣けて心に残るエンターテインメントを創造している。
代表作に、「twelve」「鏡の法則」「『文七元結』the musical!!」「君よ 生きて」などがある。

 

●望月龍平 プロフィール
俳優・ダンサー・脚本家・演出家
18歳で劇団四季に入団。
「CATS」「ライオンキング」「マンマ・ミーア」「美女と野獣」「ウエストサイド物語」「エクウス」等に出演。2008年の退団までにメインキャストとして、2500ステージを踏む。
退団後、渡英し演出家の道を志す。俳優のみならず演出家・脚本家・プロデューサーとしても異才を放つ、今もっとも注目される舞台人。
帰国後、NPO法人OFF OFF BROADWAY JAPANを設立。2013年12月には株式会社望月龍平シアターカンパニーを設立。2015年4月に社名を株式会社蒼龍舎に変更。
「twelve」、「鏡の法則」、「文七元結 the musical」、音楽劇「君よ生きて」など数々の話題作を世に生み出し、演劇界の異端児として業界に風穴を空け続けている。
また、東京フィルムセンター映画・俳優専門学校  教育顧問として学生指導にあたり、劇団四季を始めとする有名劇団に数多くの合格者を輩出。劇団四季とロンドンで学んだアプローチで、役者の感性を開く指導法に特に定評がある。
現在、株式会社蒼龍舎代表取締役。NPO法人OFF OFF BROADWAYJAPAN代表。滋慶学園東京フィルムセンター映画・俳優専門学校教育顧問。